« 性格と運命の読み解き|西洋占星術1回目 | ホーム | 各宮と惑星の意味|西洋占星術3回目 »

ホロスコープ|西洋占星術2回目

惑星の配置を円の中に記したものがホロスコープです。個人の運勢を読み解く他に、事件や事故の発生時のホロスコープではそれらの顛末を読み解くことができます。
テレビや雑誌でおなじみの「12星座占い」は生まれた月日だけをベースにした「太陽」に焦点をあてるため、精度は期待できません。しかし生年月日、出生時間と出生場所をベースに作成したホロスコープからは、性格、適職、どんな恋愛をするのかはもちろん、誕生から晩年までの運気のバイオリズムまでが読みとれるのです。
手書きの場合は、「天文暦」は必須アイテムです。
sensei_0617.jpg
手書きは複雑な計算が多く、間違いも生じやすいため、実際の鑑定ではホロスコープ作成ソフトを使用することが多いです。

sensei2_0617.jpg
次回は各宮と惑星の意味です。

*次回更新予定は6月24日(日)です。お楽しみに!
この章の1回目から読む