« ホロスコープで鑑定|西洋占星術4回目 | ホーム | 方位盤|気学・方位二回目 »

九星と五行|気学・方位一回目

九星気学とは、生まれた年と月からどのように生きれば幸せに生活できるか?を読み解く学問です。
一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫の九つの星の動きによって吉凶を見定めるのが特徴です。
東洋の占いは干支(甲乙丙丁戊己庚申壬癸の十干と子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の十二支の組み合わせの総称)と九星を基礎に成り立っています。
九つの星にはそれぞれに五行が割り振られています。
kigaku1.gif
五行とは木火土金水の五種類です。
木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じます。
「生ずる」とは生かしたり、愛したり、慈しんだり、応援したり、育てたり......という、受け手にとっても送り手にとってもプラスの力作用のことです。
反対に「剋(こく)する」という力の作用も発生します。
「剋」とは、困らせる、邪魔する、弱らせる、殺す、苦しめる、という、負のイメージです。
木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋します。
kigaku4.gif

五行の生と剋の作用と、易の八卦の意味を結びつけて、九星の意味は成り立っています。
また、九星にはそれぞれ定まった位置があります。おおまかな意味と方位をまとめると下図のようになります。
kigaku5.gif