九星と五行|気学・方位一回目

九星気学とは、生まれた年と月からどのように生きれば幸せに生活できるか?を読み解く学問です。
一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫の九つの星の動きによって吉凶を見定めるのが特徴です。
東洋の占いは干支(甲乙丙丁戊己庚申壬癸の十干と子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の十二支の組み合わせの総称)と九星を基礎に成り立っています。
九つの星にはそれぞれに五行が割り振られています。
kigaku1.gif
五行とは木火土金水の五種類です。
木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じます。
「生ずる」とは生かしたり、愛したり、慈しんだり、応援したり、育てたり......という、受け手にとっても送り手にとってもプラスの力作用のことです。
反対に「剋(こく)する」という力の作用も発生します。
「剋」とは、困らせる、邪魔する、弱らせる、殺す、苦しめる、という、負のイメージです。
木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋します。
kigaku4.gif

五行の生と剋の作用と、易の八卦の意味を結びつけて、九星の意味は成り立っています。
また、九星にはそれぞれ定まった位置があります。おおまかな意味と方位をまとめると下図のようになります。
kigaku5.gif

方位盤|気学・方位二回目

九つの星は年々、毎月、運動しています。九つの部屋を、法則にしたがって一つづつ移り、十年目にもとの位置に戻ります。
この運動を繰り返しています。
月にも九星は割り振られ、一ヶ月ごとに移っていきます。
九星の定位置にはもともとの星の意味があります。いま自分の星がどの部屋にいるのか?を調べることで、今現在がどんな時期なのか?というだいたいの運気を知ることができます。
星の作用は「もともとの場所の意味」「年盤になんの星が巡っているか?」「月盤にはなんの星が巡っているのか?」「日盤にはなんの星が巡っているのか?」が、何重にもからみあってすこし複雑です。
自分の星のいまの位置を知る道具が方位盤です。その年の年盤と毎月の月盤を見渡すことができるものが便利です。
kigaku6.jpg
今がどんな状況の時期なのかを読み解いたり、あとどのくらいすると、どの位置に移るのか?ということを予測するときなどに用います。

日にも九星は割り振られていて、毎日は九星の移り変わっています。
kigaku7.jpg
気学は主に生まれた年と月を基準に、鑑定していきます。一日のうちの時間にも九星は割り振られていて、より細やかなアドバイスをするときに使います。
次週はどのように鑑定をしていくか?というお話です。掲載は7月22日(日)の予定です。お楽しみに!

この章の1回目から読む

特別な方位|気学・方位三回目

 五黄は九星の中で最も強い星です。
 物が生まれたり終わったりするのも、みんなこの星の影響を受けるとされている魔王の星なのです。五黄がいる場所を「五黄殺」といい、五黄と向かい合う位置を「暗剣殺」といいます。
 五黄が東南にいるときは反対側の、六白がいる北西を暗剣殺とします。五黄も他の星と同じように盤の上を巡りますから、どの星も かわりばんこに暗剣殺が重なっていきますが、五黄が真ん中にあるときだけ、どこにも暗剣殺がつきません。

kigaku11.gif

暗剣殺はトラブル、損失、病気など、凶の意味を示すサインです。運気を見たり、引越しや増改築の方位の吉凶を決めるときには、年と月の両方の方位を調べ、どちらについても凶方を用いないように気をつけます。
人生の大きなイベントを重ねるべきでない凶の意味のある星は暗剣殺の他にもいろいろあります。
鑑定では、悪い星と方位を避け、自分の星にとって「生」作用のある方位や時を取り入れるようなアドバイスをしていきます。
次週は実占の例のお話をします。掲載は7月29日(日)の予定です。お楽しみに! 。

この章の1回目から読む

吉方に出かけて元気をアップ!|気学・方位四回目

 一白水星生まれの40代女性からの相談です。

 四月に家族が入院して、看病と仕事に大忙しで3ヶ月が経ちました。
 病人は5月に退院し、だんだんに元気を取り戻してきたのですが、自宅にて治療が続いています。
 7月に入ってから、何をしてもたいへんな疲労を感じるようになりました。どこが痛いというわけでもないので、医者にいくほどのことではないのですが、なんとなく調子が出ません。家事はなんとかこなしていますが、フリーランスで引き受けている個人事業の仕事がだんだんにたまり、こなせる自信もなくなり、たいへん不安です。どうしたら元気が出て、仕事に集中できるようになるでしょうか?

 こういった質問の場合、実際の鑑定では、病気や仕事上での問題をまず先に解決します。さらに、なんとかご本人に元気を出していただかなくてはならないときは、方位の力を利用してパワーアップのアドバイスを行います。

houiban1.gif

 本年平成24年の年盤で一白は南に位置し、7月は北西に回ります。
 北西はもともと、責任や重い役目といった意味の位置ですので、家族の中でも仕事の上でも、肩の荷が重い、決断力を要する案件が増えることが予想されます。この時期は実力以上の仕事を割り振られたりしやすいのです。
 年盤では暗剣殺が西北にあり、7月に一白はその暗剣殺の上に重なることになるので、トラブルがおこりやすいひと月となります。
 安請け合いに注意し、いつもより用心深い確認と、早め早めの対策が必要です。反面、実力者には縁があり、知恵や手を貸してもらえるかもしれないので、相談するなら信頼できる目上やリーダーです。
 健康もくずしやすい時期です。忙しい毎日でしょうが、1日だけでも、完全な休日をとってはいかがでしょうか?

 どうせ休むのなら、元気の出る方位に自ら出向いて、いい方位の空気を吸い、日常では見ない景色を目から入れ、その土地のおいしいものを食べて来られるとよいでしょう。吉方を意識して出かけ、土地のエネルギーを体に取り込むのです。

 さて、一白の人にとって今の時期ラッキーな方位はどちらでしょう。
 まず最初に年、月ともに、凶方を除きます。五黄殺、暗剣殺と、年の十二支である辰の反対の戌方と七月未の反対の丑方をまずマークします。その上で一白との関係が良い星が回る方位を選びます。
kippoui.gif

 年盤では東に四緑が位置し、四緑と一白は「水生木」と、こちらが生ずるいい関係です。七月はさらに東に七赤が回ります。七赤からは「金生水」と、こちらがいい影響を受けられる関係です。
 このように、自分にとっていい働きが重なっている方位を吉方といい、そちらの方向に出かけて何かを得たり、時間を過ごしたり、行動を起こすと、場所のパワーを取り入れることができるとされています。
 七赤は芸ごとや遊び、口を動かすことに意味があります。東も芸能関係や新しい発見するとか、若い人に関係することにふさわしい方位です。これらのことと縁がありそうでしたらチャレンジすると良いでしょう。

 祭りやイベントに参加したり、音楽を演奏したり聴くのもよし、です。イベントがなければスポーツを楽しんだりしてもよいでしょう。
温泉でゆっくりしたり、神社や名水やわき水などのパワースポットがあれば観光し、その土地の味をゆったり楽しんできてください。
 
遠くに行けなかったり、休みが取れない人でも、元気づける方法はあります。
東は朝の時刻です。朝、早起きをして、東に向かって発声練習をしてみては?七赤金星は口や声に意味があります。方位に因んだ時刻に方位に因んだことをして、プチパワーを取り入れるのです。ただし、8月7日の立秋からは次の月、八白の月となります。ラッキーな方位は毎月変わりますのでサロン・ド・ミネに聞きにきてくださいね。

次回からタロットです。
*次回更新予定は8月5日(日)です。お楽しみに!
この章の1回目から読む